切らずにバストアップ!人気の治療方法を知る


切らないバストアップ治療が人気

少し前までは、豊胸手術というと、シリコンバッグを挿入してサイズアップを目指す方法が主流でした。大幅なサイズアップが期待できる方法ですが、体に異物を入れることに抵抗を持つ人も少なくありません。そして、メスを使う本格的な手術はダウンタイムが長くなるという問題もあります。さらに、人工物を体内に入れることはそれを囲む被膜を作ることにつながります。カプセル拘縮がおきるとバストが硬くなる、見た目が不自然になるなどの問題も発生し、場合によってはバッグの除去も必要になります。そうした欠点もあることで、最近は切らないバストアップ治療の人気が高まってきました。ヒアルロン酸注入と脂肪注入法は切らないバストアップ治療の代表的な存在です。

メリットだけではなくデメリットも知る

ヒアルロン酸注入はアンチエイジングなどにも活用されていますが、こちらは注射のみでバストアップが実現するのがメリットです。入院の必要もなく、短時間の施術で済みますし、即効性が得られるのもメリットです。見た目や動きが自然に見えることでも人気ですが、感触がやや硬くなるともいわれています。永久的な効果ではないので、短期間で治療をやり直す必要もあり、それゆえに繰り返すと本格的な手術よりも高くなる可能性もあります。最近はより長期に持続できるタイプの治療も登場しています。

脂肪注入法では、太ももやお尻など脂肪の多い部分から脂肪を採取し、それをバストに注入します。脂肪吸引の箇所には少し傷が残りますが、バストに傷ができる心配はありません。自然な感触が得られること、痩身も同時にできることで人気の高い方法です。定着率を高めるためには良質な脂肪を選んで注入することも大事です。

マッサージでの豊胸ケアは美容整形のようにお金もかからず、体への負担もないので始めやすいのが魅力です。